Photography Information NavigationWeb 写真情報

カメラ選びが写真を決める

新しいカメラを購入しようとしたとき、家電量販店へ行ってあまりに大量のカメラの種類で選ぶのに困ったという経験はありませんか?
そして、結局写真の画質がすごく良い、または価格が安いといった評価で購入を決めていませんか?

 

確かに、この条件で購入するカメラを選ぶのも間違いではありません。しかし出来ればこの2つの条件を満たし、更に付与される価値があるカメラを購入したいと思うのが普通ですよね。

 

そこで、簡単に写真を数倍綺麗に写し、さらに価格も納得のカメラ選びのポイントについて解説をしたいと思います。
まずカメラには今現在2つの種類に分けることが出来ます。
それが、デジタル一眼レフカメラとコンパクトデジタルカメラの2種類です。
デジタル一眼レフカメラはレンズの交換も出来て、シャッター速度も速い、カメラマンなどのプロが持っている大きなカメラのことです。そしてコンパクトデジタルカメラは片手で持てる小さなもので写真を撮るのも比較的簡単で高い技術などは関係なく撮影することが出来ます。

 

この2種類でまず価格が違ってきます。デジタル一眼レフカメラですと高い物で数十万円するものから、数万円の物まであり、一方でコンパクトデジタルカメラの場合には安いものでは数千円から、高くとも数万円といったレベルです。

 

明確な価格の差がわかったところで、今後はカメラの機能や、被写体によって選ぶカメラの種類が変化する点について紹介をしていきたいと思います。